信越化学工業 English
信越レア・アース製品案内 レア・アースに関するFAQ レア・アースに関するお問い合わせ 信越レア・アース
サイトマップ
新金属部
信越レア・アースについて
信越レア・アースの製品紹介
信越レア・アースの製品技術・品質管理
信越レア・アースの研究開発
信越レア・アース
信越レア・アース
 HOME > レア・アース製品案内 > レア・アースについて

レア・アースについて


レア・アース(希土類)は、原子番号57番から71番までの15元素(ランタノイド*)と21番のスカンジウム(Sc)、39番のイットリウム(Y)を加えた17元素の総称。各元素は科学的性質が似ていて、鉱物中からつねに一団となって発見されます。1794年に、スウェーデン産の希少鉱物から発見されたために「レア(希=稀れ)」の名が付けられました(ちなみに「アース(土)」は、融点が高くて還元されにくい金属酸化物をさしていました)。しかしイットリウムやネオジムなどの存在量は、スズ、コバルトよりも多いことが分かっています。しかし、化学的性質が似ているため、分離精製には高度な技術が必要です。信越化学では、1967年より独自の技術で原料から高純度のレア・アースを生産し、酸化物やメタルなどさまざまな形に変えて送り出しています。

*ランタノイド=ランタン(La)、セリウム(Ce)、プラセオジム(Pr)、ネオジム(Nd)、プロメチウム(Pm)、サマリウム(Sm)、ユウロピウム(Eu)、ガドリニウム(Gd)、テルビウム(Tb)、ジスプロシウム(Dy)、ホルミウム(Ho)、エルビウム(Er)、ツリウム(Tm)、イッテルビウム(Yb)、ルテチウム(Lu) ただし、プロメチウムは天然には存在しません。

■特徴・用途

  • 蛍光体

    YとEuは赤、TbとLaとCeは緑、Euは青の蛍光体に応用されています。レア・アース蛍光体は、自然光と同じ色調を持つ蛍光灯、液晶テレビのバックライト、プラズマテレビなどに利用されています。

  • 水素吸蔵機能

    レア・アース合金は他の合金に比べ、水素の吸蔵・放出速度が速く、低い圧力で平衡に達するため、室温で水素吸蔵が可能です。

  • 磁性材料

    Nd、Sm、Ceは磁性材料として優れた特性を有し、磁石の小型化、強力化に貢献しています。

  • ハイテク分野

    携帯電話などの電子部品、ファインセラミックス、超伝導、ミニディスク(MD)など、ハイテク分野での利用が進んでいます。
蛍光体


top

Copyright (c) 2005-2010 Shin-Etsu Chemical Co., Ltd. All Rights Reserved.